大人だって動物園!

大好きな動物園や動物のお話をしております。

【レポ#21】平日昼間の千葉市動物公園現地レポート(2021/3/4)【後編】

f:id:zoonimal:20210404151738j:plain

 

 こんにちは。

 

 今回は3月4日に遊びに行ってきた千葉市動物公園の現地レポートの後編になります。

 後半では小動物ゾーンのレッサーパンダ、肉食獣も見られる平原ゾーン、鳥の仲間が揃っている鳥類・水系ゾーンを紹介していきます!

 

 色とりどりの動物たちをの写真をぜひお楽しみください。

 

zoo-enjoy.com

 

 前編はこちらになります。

 前編ではモンキーゾーン、動物科学館、子ども動物園の様子を紹介しておりますので、ぜひ併せてご覧ください!

 

目次

 

小動物ゾーン(レッサーパンダのみ)

 

f:id:zoonimal:20210401230420j:plain

 

 まずは小動物ゾーンで展示されているレッサーパンダから。

 

 小動物ゾーンでは他にカワウソ、アカハナグマ、ビーバーが展示されていますが、この日バッチリ撮れたのはレッサーパンダのみでした。

 必ずしも一回で全ての動物に会えるわけではないのも動物園の醍醐味なんじゃないかと思ってます。

 次は会いたいなってまた行くきっかけになりますからね!

 

f:id:zoonimal:20210401230546j:plain

 

 笹を食べる姿のなんて愛らしいこと。

 

f:id:zoonimal:20210401230551j:plain

 

 風太くんではなく、ライムくん。

 レッサーパンダは骨格上どの個体も二本足で立ち上がることができます。

 

f:id:zoonimal:20210401231049j:plain

 

 近くにはレッサーパンダのオブジェが。

 マフラー巻いてウィンターモードでした。

 

↑目次へ戻る

 

平原ゾーン

 

 平原ゾーンではアフリカ、サバンナの生き物たちを楽しむことができます。

 

ハイエナ、チーター

 

f:id:zoonimal:20210401231109j:plain

 

 昨年7月から展示が開始されたハイエナ、チーターから。

 いつの間にか可愛い木彫りが置かれていました。

 

f:id:zoonimal:20210401230603j:plain

 

 オスのカロアくん。

 今まではメスのイトゥバちゃんしか見たことが無かったので、この日が初対面でした。

 

 千葉市動物公園では上記の2匹に加えてメスのエサンドワちゃんの3匹が暮らし、日替わりで公開されています。

 

f:id:zoonimal:20210401230557j:plain

 

 ハイエナはメス社会で身体もメスの方が大きいです。

 カロアくんはイトゥバちゃんより一回り小さくて顔も非常に可愛らしかったです。 

 

f:id:zoonimal:20210401230609j:plain

 

 こちらはチーター、メスのズラヤちゃんです。

 

f:id:zoonimal:20210401230615j:plain

 

 走ることに特化した体形をしているため顔は非常に小さいです。

 

f:id:zoonimal:20210401230948j:plain

 

 お座りチーター。

 オレンジ色の目が凛々しいです。

 

↑目次へ戻る

 

ライオン

 

f:id:zoonimal:20210401230621j:plain

 

 千葉市動物公園では2頭のオスが展示されています。

 こちらはトウヤ、マイルドな表情をいただきました。

 

f:id:zoonimal:20210401230626j:plain

 

 こちらはアレン。

 あくびというシャッターチャンスに限って障害物が写り込んでしまうのが私の写真です。

 

f:id:zoonimal:20210401230942j:plain

 

 動物園のライオンは寝てばかりのイメージがあるかもしれませんが、朝と夕方は動いていることが多いですよ。

 

↑目次へ戻る

 

ミーアキャット

 

f:id:zoonimal:20210401231200j:plain

 

 ミーアキャットは溝を隔ててガラスも檻もない非常に見晴らしの良い展示場です。

 

f:id:zoonimal:20210401230638j:plain

 

 ここ掘れにゃんにゃん。

 ミーアキャットはネコではなくマングースの仲間なのでにゃーとは鳴きません。

 

f:id:zoonimal:20210401230632j:plain

 

 岩の中にヒーターが!

 

 寒さに弱いミーアキャットはこうして仲間と一緒にヒーター前で団子になっているのが多いです。

 寒い時期だけに見られる動物園の風物詩ですね。

 

↑目次へ戻る

 

キリン、アフリカハゲコウ

 

f:id:zoonimal:20210401230651j:plain

 

 アミメキリン。

 優雅に歩いたり長い舌を使って葉っぱを食べる姿が愛らしいです。

 

f:id:zoonimal:20210401230645j:plain

 

 長いのは首だけでなく足もです。

 出産の際、赤ちゃんは約2mの高さから地面に落とされます。

 誕生早々試練です。

 

f:id:zoonimal:20210401230706j:plain

 

 アフリカハゲコウはピンク色の大きな喉仏が特徴的なコウノトリの仲間です。

 ただし、鳴いているところは見たことありません。

 

f:id:zoonimal:20210401230658j:plain

 

 頭が禿げているのは死肉を漁るときに頭部を清潔に守るため。 

 不思議な見た目には理由があるのです。

 

↑目次へ戻る

 

フラミンゴ

 

f:id:zoonimal:20210401231232j:plain

 

 フラミンゴケージ。

 いかにも鳥類・水系ゾーンの生き物に思えますが、区分としては平原ゾーンになります。

 

f:id:zoonimal:20210401230723j:plain

 

 ガツガツ。

 美しい羽を持つフラミンゴですが、エサを食べる姿は豪快です。

 

f:id:zoonimal:20210401230734j:plain

 

 首を伸ばすとこんなに長い。

 

f:id:zoonimal:20210401230729j:plain

 

 あら、フラミンゴの子ども。

 小さい頃は黒いんですね。

 

 ……というのは嘘で、こちらはベニハシガモという全く違う鳥です。

 子どものフラミンゴは白い色をしていますよ。

 

↑目次へ戻る

 

エミュー

 

f:id:zoonimal:20210401230830j:plain

 

 2頭のエミュー。

 箱に入った野菜を一心不乱に食らいついています。

 そんなに激しいと……。

 

f:id:zoonimal:20210401230835j:plain

 

 ほらやっぱり~。

 台から落ちてしまいました。

 

f:id:zoonimal:20210401230843j:plain

 

 しかし、気にしない。

 食い意地の張ったエミューでした。

 

↑目次へ戻る

 

鳥類・水系ゾーン

 

 こちらのゾーンではたくさんの鳥類やアシカなどが暮らしています。

 

イヌワシ、オジロワシ

 

f:id:zoonimal:20210401230739j:plain

 

 イヌワシ。

 既にこのブログでも10回くらいここの現地レポを書いていますが、イヌワシの姿をしっかりと写せたのは初めてな気がします。

 

f:id:zoonimal:20210401230745j:plain

 

 鋭い眼光と尖った嘴。

 猛禽類は本当にかっこよくて素敵ですねぇ……。

 

f:id:zoonimal:20210401230751j:plain

 

 こちらはオジロワシ。

 巣作りの時期で枝をせっせと運んでいました。

 

f:id:zoonimal:20210401230757j:plain

 

 巣へと運ぶ瞬間。

 飛ぶときに限って思い切りピンボケしてしまい、シャッターを切れないのが私です。

 

↑目次へ戻る

 

ハシビロコウ、エジプトハゲワシ

 

f:id:zoonimal:20210401230808j:plain

 

 ハシビロコウ。 

 こちらはメスのしずかちゃん。

 

 座っている姿はコンパクトです。

 

f:id:zoonimal:20210401230813j:plain

 

 オスのじっとくん。

 1m以上あるハシビロコウでも体重約5kgなので、飛ぶ鳥の軽量化は凄いですね。

 

f:id:zoonimal:20210401230822j:plain

 

 猛禽類とは違った目力がありますね。

 

f:id:zoonimal:20210401230929j:plain

 

 エジプトハゲワシ。

 

 道具を使う鳥で、石を使ってダチョウの卵を割って中身を食べます。

 道具を使えることもすごいけど、石を使わなきゃ割れないダチョウの卵もすごい。

 

f:id:zoonimal:20210401230936j:plain

 

 今までにないくらいもっこもこな羽毛をしていました。 

 

↑目次へ戻る

 

ケープペンギン、カリフォルニアアシカ

 

f:id:zoonimal:20210401230856j:plain

 

 ケープペンギンはアフリカ大陸の南部沿岸に暮らすペンギンです。

 手前の模様が違う子は子どもですね。

 

f:id:zoonimal:20210401230849j:plain

 

2羽で寄り添ってとっても仲良しなご様子でした。

 

f:id:zoonimal:20210401231244j:plain

 

 ケープペンギンの隣にはカリフォルニアアシカが暮らしています。

 ペンギンは泳いでいない時が多いですが、アシカはよく泳ぐのでガラス越しから楽しめますよ。 

 

↑目次へ戻る

 

カモ

 

f:id:zoonimal:20210401230901j:plain

 

 水禽池は数種類のカモを楽しむことができます。

 

 こちらはアカツクシガモ。

 みんなで並んで合唱していました。

 

f:id:zoonimal:20210401230907j:plain

 

 キンクロハジロ。

 よく潜水するので、泳ぐ姿を観察することもできます。

 

f:id:zoonimal:20210401230914j:plain

 

 オシドリ。

 前までここにオシドリいなかった気がするんですけどいつの間に……?

 

f:id:zoonimal:20210401230924j:plain

 

 ツクシガモ。

 服従を誓っておられる……。

 

↑目次へ戻る

 

まとめ

 

f:id:zoonimal:20210401230803j:plain

かっこよすぎる……

 

 以上、前後編に渡って千葉市動物公園の現地レポートを紹介いたしました。

 

 凄く久々にここに来たと思っていたのに、前回から2ヵ月しか経ってなくてビックリでした。

 2月にはどこにでも行っていなかったからかな。

 

 でも、前回より園全体も動物たちの行動も変わっていて、春の訪れを感じられました。

 下記に冬や秋の時の千葉市動物公園の現地レポートもあるので、良かったら今回のレポと比べてみてください!

 

 ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

 

 

オススメ記事

 

zoo-enjoy.com

 

zoo-enjoy.com

 

zoo-enjoy.com

 

zoo-enjoy.com

 

↑目次へ戻る

↑トップへ戻る