大人だって動物園!

大好きな動物園や動物のお話をしております。

【レポ#33】赤ちゃんレッサーパンダにメロメロ!茶臼山動物園現地レポート(2021/11/7)【動物園】

f:id:zoonimal:20211212234624j:plain

 

 こんにちは。

 

 11月7日に長野県長野市の茶臼山動物園に遊びに行ってきたので、そのときの様子をまとめました。

 

 前回の飯田市立動物園に次ぐ長野遠征第2弾です。

 

zoo-enjoy.com

 

 予定の関係上、滞在時間2時間程度で全ては回れなかったので短めのレポとなっています。

 短い時間の中でも魅力たっぷりな動物たちをたくさん撮ってきましたので、一緒に楽しんでくださったら幸いです!

 

 

 

いざ、入園!

 

f:id:zoonimal:20211127172342j:plain

 

 JR篠ノ井駅からタクシー15分でモノレール前までやってきました。

 

f:id:zoonimal:20211127172405j:plain

 

 紅葉がとっても綺麗です。

 

f:id:zoonimal:20211127172353j:plain

 

 このモノレールに乗って北口前まで向かいます。

 

f:id:zoonimal:20211127172415j:plain

 

 駅のホームに入るとラブリーなオランウータンのぬいぐるみが迎えてくれました。

 

f:id:zoonimal:20211127172425j:plain

 

f:id:zoonimal:20211127172434j:plain

 

 声優の新田恵海さんの写真とサインが飾られていました。

 

f:id:zoonimal:20211127172444j:plain

 

 飯田市立動物園はハロウィン色が強く残っていましたが、こちらでは早くもクリスマスムードでした。

 

f:id:zoonimal:20211127172455j:plain

 

f:id:zoonimal:20211127172506j:plain

 

 2階は蝶の博物館になっていました。

 美しい蝶の方本がたくさん飾られています。

 

f:id:zoonimal:20211212171900j:plain

 

 モノレールは片道100円。

 ものの数分程度で到着しました。

 

 モノレールの駅は豪華でしたが、北口は大変質素です。

 大人600円払って入園しました。

 

↑目次へ戻る

↑トップへ戻る

 

レッサーパンダのおうち、森

 

f:id:zoonimal:20211127172529j:plain

 

 レッサーパンダエリアは屋内と屋外に分かれています。

 

f:id:zoonimal:20211127172539j:plain

 

 おうちの方はこんな感じ。

 

f:id:zoonimal:20211212020833j:plain

 

 りんごをムシャムシャ。

 

f:id:zoonimal:20211212020841j:plain

 

f:id:zoonimal:20211212020853j:plain

 

 毛が白っぽくて可愛い子でですね。

 個体名まで把握することはできませんでした。

 

f:id:zoonimal:20211212020901j:plain

 

 この子は笹をむしゃむしゃ。

 

f:id:zoonimal:20211212020905j:plain

 

f:id:zoonimal:20211212020913j:plain


 良い顔しています。

 

f:id:zoonimal:20211127172552j:plain

 

 屋外はこちらから。

 

f:id:zoonimal:20211127172605j:plain

 

 何か所か仕切りがあり、各々のびのび生活していました。

 

f:id:zoonimal:20211212033846j:plain

 

 この子も朝ご飯を貰っていました。

 

f:id:zoonimal:20211212033841j:plain

 

 長野のりんご、美味しそうです。

 

f:id:zoonimal:20211212020922j:plain

 

 ここから先が今年の7月に誕生したレッサーパンダの赤ちゃんです。

 メス2頭の双子ですが、大きさがかなり違うのが特徴です。

 

f:id:zoonimal:20211212020926j:plain

 

 先日一般公募による名前が決まり、こちらの子は「アンコ」と名付けられました。

 

f:id:zoonimal:20211212020934j:plain

 

 この子は「キナコ」と名付けられました。

 どちらも美味しそうな名前をしていますが、母の「ミルク」にちなんで食べ物由来の名前が多く寄せられていたのだそうです。

 

f:id:zoonimal:20211212020946j:plain

 

 幼さを感じる圧倒的可愛さです。

 

 

 2SHOTが撮れなかったので、公式の写真をお借りして比較をば。

 

f:id:zoonimal:20211212021007j:plain

 

 生まれて4か月も経てばここまで立派に成長するんですね。

 

f:id:zoonimal:20211212021011j:plain

 

 ちょっと白飛び、ピンボケしちゃった母、ミルクちゃん。

 

f:id:zoonimal:20211212021016j:plain

 

 その後をついていくアンコちゃん。

 アンコちゃんは小さいけれど凛々しい顔をしていますね。

 

f:id:zoonimal:20211212021027j:plain

 

 ミルクちゃんは昨年千葉県の市川市動植物園からやってきました。

 市川市動植物園と言えば過去に何度か現地レポを上げていますが、ミルクちゃんを載せるのは初めてですね。

 

zoo-enjoy.com

 

f:id:zoonimal:20211212021031j:plain

 

 3匹が一緒に写った写真も狙ってみれば良かったと今更後悔……。

 でも、そもそも見られると思っていなかったので、私にとっては素敵なサプライズでした!

 

↑目次へ戻る

↑トップへ戻る

 

小獣舎

 

f:id:zoonimal:20211127172729j:plain

 

 ホンドタヌキ。

 2匹の姉妹が一緒に暮らしています。

 

f:id:zoonimal:20211212021048j:plain

 

 朝だったからか、元気に動き回っていました。

 

f:id:zoonimal:20211212021103j:plain

 

 やはりタヌキは最高に顔が良いですね。

 

f:id:zoonimal:20211212021112j:plain

 

 横顔は凛々しいです。

 

f:id:zoonimal:20211127192847j:plain

 

 ビントロング。

 ジャコウネコ科でポップコーンのような匂いがする面白い動物です。

 

f:id:zoonimal:20211212021120j:plain

 

 顔はクマのようにも見えます。

 

f:id:zoonimal:20211212021137j:plain

 

 見た目が凄い好みなので、生で見られることを楽しみしていました。

 写真にもバッチリ収められて良かったです。

 

f:id:zoonimal:20211212020825j:plain

 

 樹上性の動物なので展示場内の木によく登っていました。

 檻の目の前に来てくれた時は迫力が凄かったです。

 

f:id:zoonimal:20211127172817j:plain

 

 こちらはアライグマ。

 しかし、待てど暮らせど寝姿さえも見られません。

 

f:id:zoonimal:20211212034543j:plain

 

 それもそのはず。

 茶臼山動物園のアライグマ、カールくんは日がな一日マンホールの中で過ごすことで有名なんです。

 

f:id:zoonimal:20211127172827j:plain

 

f:id:zoonimal:20211127172837j:plain

 

 カールくんの姿を見られるのは閉園間際に飼育員さんが蓋を開けた瞬間のみのようです。

 噂のマンホールを見られただけでも感動でした……!

 

↑目次へ戻る

↑トップへ戻る

 

アジアゾウ、フライングケージ、ライチョウ

 

f:id:zoonimal:20211127172616j:plain

 

 アジアゾウ。

 メスのフー子さんが暮らしています。

 

f:id:zoonimal:20211212021035j:plain

 

 顔だけ小屋に入れて朝ご飯を食べていました。

 

f:id:zoonimal:20211212020812j:plain

 

 食後は外に出ていました。

 

f:id:zoonimal:20211212020821j:plain

 

 足で土を掘り返しています。

 砂浴びをしたかったのかな。

 

f:id:zoonimal:20211127172849j:plain

 

 フライングケージ。

 通り抜けは中止されていました。

 

f:id:zoonimal:20211127172912j:plain

 

 中の植物は元気いっぱいです。

 

f:id:zoonimal:20211212021145j:plain

 

 たまたま近くにいた子を撮れました。

 名前はわからないんですけど……ジュズカケバトですかね?

 

f:id:zoonimal:20211127172948j:plain

 

 ライチョウ。

 在来種であるニホンライチョウは日本アルプスにのみ生息する国の天然記念物で、動物園でも積極的に繁殖活動を取り組んでいます。

 

f:id:zoonimal:20211212160324j:plain

 

 夏は岩肌に擬態して茶色い羽毛を持っていますが、冬になるにつれ雪景色に擬態した真っ白な羽に生え変わります。

 

↑目次へ戻る

↑トップへ戻る

 

カメ舎

 

f:id:zoonimal:20211127173011j:plain

 

 ここでは大小さまざまなカメが展示されています。

 

f:id:zoonimal:20211212021152j:plain

 

 アルダブラゾウガメ(多分)

 

f:id:zoonimal:20211212021200j:plain

 

 ホウシャガメ。

 名前の通り、甲羅に放射状の模様があるのが特徴です。

 

f:id:zoonimal:20211127172959j:plain

 

 近くにはふれあいができる子ども動物園がありました。

 ウサギやヒツジ、アルパカなどがいましたが、単騎突入する勇気はなかったのでパスさせていただきました……笑

 

↑目次へ戻る

↑トップへ戻る

 

ニホンザル

 

f:id:zoonimal:20211127173107j:plain

 

 茶臼山動物園のサル山は上からも下からも見られる面白い作りになっています。

 

f:id:zoonimal:20211212021213j:plain

 

f:id:zoonimal:20211212021217j:plain

 

f:id:zoonimal:20211212021221j:plain

 

f:id:zoonimal:20211212021225j:plain

 

 毛繕いしている子を毛繕いするという幸せな空間です。

 

↑目次へ戻る

↑トップへ戻る

 

ウォンバット

 

f:id:zoonimal:20211127173129j:plain

 

 コモンウォンバット。

 カンガルーと同じ有袋類でオーストラリアの固有種です。

 

f:id:zoonimal:20211212021233j:plain

 

 現在は茶臼山動物園と大阪の池田市立五月山動物園でしか見られないたいへん希少な種です。

 

f:id:zoonimal:20211212021246j:plain

 

 夜行性のため、暗い室内と行き来できるようになっています。

 室内も展示場になっているため、外に出ていない時でも見ることができました。

 

f:id:zoonimal:20211212021311j:plain

 

 外国で保護されているウォンバットが「人に撫でてもらえない寂しさでうつ病になった」というエピソードで一躍注目を浴びたこともありましたね。

 これを聞くととても甘えん坊で寂しがりやなイメージが付きますが、大人になると基本単独で生活する動物です。

 

f:id:zoonimal:20211212021315j:plain

 

 圧倒的可愛さです。

 

f:id:zoonimal:20211212021324j:plain

 

 こんなに近くまで来てくれたので思わずアップばかり撮ってしまい、全体を写した写真は1枚もありませんでした笑

 

↑目次へ戻る

↑トップへ戻る

 

ニホンジカ、ニホンカモシカ

 

f:id:zoonimal:20211127173150j:plain

 

 ニホンジカ。

 山をイメージしているのか、展示場が斜面になっていました。

 

f:id:zoonimal:20211212021336j:plain

 

 立派な角を持っていますね。

 

f:id:zoonimal:20211212170831j:plain

 

 ちょうど繁殖期のためか、檻越しで別のオスとバトルしていました。

 

f:id:zoonimal:20211212171747j:plain

 

 ニホンカモシカ。

 シカとついていますが、ウシの仲間です。

 

f:id:zoonimal:20211127173225j:plain

 

 真っ白な毛が特徴的なのはオスのジョウくんです。

 

f:id:zoonimal:20211212021344j:plain

 

 うわ~ピンボケしてた~ショック笑

 

f:id:zoonimal:20211212021352j:plain

 

 木に頭を擦り付けています。

 

f:id:zoonimal:20211212021356j:plain

 

 カモシカは目の下にある眼下腺という部分から臭いを分泌し、木などに擦り付けることで縄張りをアピールします。

 もしかしたら、その行為をしていたのかもしれませんね。

 

f:id:zoonimal:20211212021400j:plain

 

 メスのモモちゃん。

 ジョウくんが23歳に対してモモちゃんは3歳とまだまだ若手です。

 

↑目次へ戻る

↑トップへ戻る

 

猛獣舎

 

f:id:zoonimal:20211127192719j:plain

 

 猛獣館ではトラとライオンが飼育されています。

 

f:id:zoonimal:20211127192730j:plain

 

 室内エリアでは今年3月に来園したメスの和(なごみ)ちゃんの写真がたくさん飾られていました。

 

f:id:zoonimal:20211127192741j:plain

 

 愛されていますね~。

 

f:id:zoonimal:20211127192751j:plain

 

 ライオンの方はメスのつむぎちゃんが搬入されたときの写真が貼られていました。

 

f:id:zoonimal:20211212021408j:plain

 

 そんな和ちゃんは外でお昼寝していました。

 

f:id:zoonimal:20211212021412j:plain

 

 オスのキュウゾウくん。

 イケメンライオンとして有名ですが、見事なピンボケです。

 

f:id:zoonimal:20211212021416j:plain

 

 メスのつむぎちゃん。

 こちらも昼寝中でした。

 

↑目次へ戻る

↑トップへ戻る

 

ジェフロイクモザル

 

f:id:zoonimal:20211127192803j:plain

 

 ジェフロイクモザルは熱帯雨林に生息する樹上性のサルです。

 それにしても面白い作りをした展示場ですね。

 

f:id:zoonimal:20211212021424j:plain

 

 どこで拾ったのか、大きな落ち葉を持っていました。

 

f:id:zoonimal:20211212021428j:plain

 

f:id:zoonimal:20211212021432j:plain

 

f:id:zoonimal:20211212021436j:plain

 

 パリパリ食感。

 

f:id:zoonimal:20211212181505j:plain

 

 池ではコイが泳いでいました。

 

↑目次へ戻る

↑トップへ戻る

 

アフリカ平原

 

f:id:zoonimal:20211127192825j:plain

 

 ここではサバンナで暮らす草食動物が展示されています。

 

f:id:zoonimal:20211212021440j:plain

 

 アミメキリン。

 言わずと知れた最も背の高い動物です。

 

f:id:zoonimal:20211212020742j:plain

 

 咀嚼するときの顔はなかなかにインパクトがあります。

 

f:id:zoonimal:20211127192837j:plain

 

 シロオリックス。

 砂漠地帯に生息していた動物ですが、野生では既に絶滅しています。

 

f:id:zoonimal:20211212020755j:plain

 

 ウシ科の仲間なので角は生え変わりません。

 こちらのオスのジャスティーくんは過去に折れてしまったそうで、短くなっています。

 

f:id:zoonimal:20211212020750j:plain

 

 茶臼山動物園では今年の3月に27年ぶりに赤ちゃんが誕生しました。

 こちらがオスのジャーニーくんです。

 

f:id:zoonimal:20211212020759j:plain

 

 まだ生まれて9か月なのに全然画角に収まらないくらい角も身体も大きくなっていますね。

 

f:id:zoonimal:20211212224846j:plain

 

 角が外側に広がっているのが母のミニーちゃんです。

 奥に行ってしまったのでこんな写真しか撮れず……。

 

 野生絶滅している種が飼育が繫殖したのはとても喜ばしいことですね。

 

f:id:zoonimal:20211212214617j:plain

 

 奥の方にはグラントシマウマがいました。

 

↑目次へ戻る

↑トップへ戻る

 

まとめ

 

f:id:zoonimal:20211127193113j:plain

長野旅行記はまたいつか

 

 以上、茶臼山動物園現地レポートの紹介でした。

 

 ウォンバットが見られる数少ない動物園というのが興味を持つきっかけだったので、元気な姿を見られたのが一案嬉しかったです!

 他にも赤ちゃんレッサーパンダを見られることやシロオリックスの子どもが誕生していたことを当日知ったこどえ、予想外のサプライズを受けて想像以上に充実した時間を過ごせました。

 

 時間が足りなくて展示場が新しくなったオランウータンなどを見られなかったのが残念でした。

 時間って全然足りないですね……!

 

 茶臼山動物園の後には最強のパワースポット・善光寺に行ったりしましたが、この話はいつか旅行記に記せたらなと思います。

 

 では、今回はここまでになります。

 最後まで読んでくださりありがとうございました! 

 


オススメ記事

 

zoo-enjoy.com

 

zoo-enjoy.com

 

zoo-enjoy.com

 

↑目次へ戻る

↑トップへ戻る