動物園周遊日記

大好きな動物園や動物のお話をしております。

【レポ#20】大人だって楽しめる!埼玉県こども動物自然公園現地レポート(2021/1/13)【前編】

f:id:zoonimal:20210122234433j:plain

 

 こんにちは。

 

 1月13日に埼玉県東松山市の埼玉県こども動物自然公園に遊びに行ってきました!

 前回に引き続き、休養の一環として今まで行きたかったけれど行けなかった動物園に行ってきました。

 

 東京ドーム10個分の広さ、クオッカワラビーをはじめとした数々の希少生物は大人でも十分に楽しめるものとなっております。

 そんな埼玉県こども動物自然公園で撮った写真をたくさんご用意しておりますので、ぜひお楽しみください!

 

www.parks.or.jp

 

 今回からレポを前編、後編と分割してお送りいたします。

 前編では西園、後編では東園の様子をお届けします!

 

zoo-enjoy.com

 

 後編(東園)はこちらからになります。

 

zoo-enjoy.com

 

 サクッと手軽に読みたい方は、こちらの記事をご覧ください!

 

 

いざ、入園!

 

f:id:zoonimal:20210115112748j:plain

 

 コロナウイルス対策でエントランスはかなりごちゃごちゃしていました。

 

 入園には事前に個人情報をインターネットで入力する必要があったようですが、私はそのことを知らずに来てしまったので、受付で記入してから入園しました。

 

f:id:zoonimal:20210115114415j:plain

 

 階段がオシャレ。

 

 訪れた動物園のパンフレットを集めるのも好きなのですが、今は感染対策で撤去されてしまっていました。

 公式サイトの園内マップを見ながら歩き始めます。

 

f:id:zoonimal:20210115112836j:plain

 

 まずは県鳥のシラコバトがお出迎え。

 日差しが強すぎて撮影は上手くできませんでした……。

 

f:id:zoonimal:20210115112106j:plain

 

 別の場所にある繁殖ケージでも見ることができました。

 白い羽毛につぶらな瞳が非常に可愛らしいです。

 

↑目次へ戻る

 

キリン

 

f:id:zoonimal:20210115112911j:plain

 

 まずはキリンから。

 2頭のキリンが表に出ていました。

 

f:id:zoonimal:20210115114438j:plain

 

 顔の頬まで網目模様です。

 

f:id:zoonimal:20210115112932j:plain

 

 もっと広い屋外施設もありましたが、こちらは開放されていませんでした。

 寒さに弱いキリンなので、外と中を行き来しやすくするための配慮かもしれません。

 

 春にはキリンの新しい展示場がオープンするみたいなので、そちらも楽しみですね。

 

↑目次へ戻る

 

ポニー・乗馬コーナー

 

f:id:zoonimal:20210115112950j:plain

 

 ここでは乗馬体験やウマたちへのエサやりができます。

 感染対策で体験イベントは中止されていましたが、中に入ることはできました。

 

f:id:zoonimal:20210115114426j:plain

 

 白くてふわふわな毛がとても可愛いです。

 

f:id:zoonimal:20210115114433j:plain

 

 ポニーだけでなく大人でも乗れる大型のウマも飼育されていました。

 

f:id:zoonimal:20210115112852j:plain

 

 馬小屋にも入ることできます。

 この時間はみんな外に出ていたので誰もいませんが、小屋も見学できるのは楽しくて良いですね。

 

↑目次へ戻る

 

マーラ

 

f:id:zoonimal:20210119231933j:plain

 

 地図が読めない私は案の定迷子に。こりゃ参った。

 本当にこの道で合っているのか……と思いながら園内の看板に従って歩みを進めます。

 

f:id:zoonimal:20210115113022j:plain

 

 5分ほど歩いたところでようやく動物を発見することができました。

ホッと一安心……。

 

f:id:zoonimal:20210115114444j:plain

 

 さて、こちらはマーラです。

 ウサギのように見えますが、マーラはテンジクネズミ科でモルモットやカピバラの仲間になります。

 

f:id:zoonimal:20210115114450j:plain 

 

 顔はカピバラっぽいのに体つきはウサギのようなカンガルーのような、不思議な見た目です。

 

↑目次へ戻る

 

フェネック

 

f:id:zoonimal:20210115113039j:plain

 

 さらに歩みを進めるとヤブイヌの展示場に辿り着きました。

 

f:id:zoonimal:20210115113059j:plain

 

 環境の再現度が高くて本当にヤブだらけ!

 色々な方面から覗ける仕組みにはなってましたが、結局見つけらませんでした。

 

 プレーリードッグやミーアキャット、マヌルネコのエリアもありましたが、改修工事をしていたり表に出ていなかったり、なかなか動物に会えません。

 

f:id:zoonimal:20210115114502j:plain

 

 そんな最中、天使降臨。

 

 世界最小のキツネ、フェネックです!

 

f:id:zoonimal:20210115114456j:plain

 

 身体を丸めながらこちらを見つける姿はあまりにもキュートでした。

 これは顔面国宝です!日本の動物じゃないけど!

 

↑目次へ戻る

 

レッサーパンダ

 

f:id:zoonimal:20210115113119j:plain

 

 ここはレッサーパンダの展示場。

 どこにも見当たらず、外には出ていないのかな……と思いきや。

 

f:id:zoonimal:20210115113135j:plain

 

 写真、真ん中にご注目。

 

f:id:zoonimal:20210115114508j:plain

 

 こんな高いところにいらっしゃいました。

 この日差し、お昼寝に最適ですね。気持ち良さそうだ……。

 

f:id:zoonimal:20210115113153j:plain

 

 その先に会ったのはecoハウチュー。

  ecoハウチューでは、昨年話題になったグンディを始めとした色々なネズミの仲間を楽しむことができます。

 

f:id:zoonimal:20210115113228j:plain

 

 残念ながら、今は感染対策で閉鎖中。

 記念に入り口だけ撮っておきました。

 

f:id:zoonimal:20210115113212j:plain

 

 グンディのみならず色々な珍しい動物がいるので、再開したらまた遊びに行こうと思います。

 

↑目次へ戻る

シロフクロウ

 

f:id:zoonimal:20210115113247j:plain

 

 こちらはシロフクロウ。

 左右で一羽ずつ飼育されていました。

 

f:id:zoonimal:20210115114555j:plain

 

 にっこり笑ったり。

 

f:id:zoonimal:20210115114523j:plain

 

 睨みつけてきたり。

 

f:id:zoonimal:20210115114541j:plain

 

 ウインクもバッチリ☆

 

 シロフクロウに会った際はぜひ表情の変化をお楽しみください!

 

↑目次へ戻る

 

ペンギン

 

f:id:zoonimal:20210115113302j:plain

 

 フンボルトペンギンが飼育されているペンギンヒルズでは、ペンギンの泳ぐ姿や陸で過ごす姿を間近で見ることができます。

 

f:id:zoonimal:20210115114602j:plain

 

 園内にちょくちょくあったんですが、この標識が可愛すぎます。

 

f:id:zoonimal:20210115113403j:plain

 

 おー、たくさん泳いでる!

 

f:id:zoonimal:20210115113349j:plain

 

 こんなに近くで見られちゃいます。

 

f:id:zoonimal:20210115114641j:plain

 

 陸に出ているペンギンもたくさんいました。

 本来は展示場に入ってもっと近くで見られるようですが、やはり感染対策で閉鎖されていました。

 

f:id:zoonimal:20210115114646j:plain

 

 上目遣いで見つめてくるの可愛い。

 

↑目次へ戻る

 

プーズー

 

f:id:zoonimal:20210115113319j:plain

 

 ペンギンヒルズの隣にはプーズーのエリアがあります。

 

f:id:zoonimal:20210115114609j:plain

 

 奥の方で葉っぱをむしゃむしゃしておられました。

 

f:id:zoonimal:20210115114622j:plain

 

 あら可愛い。

 

 プーズーは世界最小のシカの仲間。

 通常、シカは角が枝分かれしますが、プーズーは生え変わっても枝分かれしないのが特徴です。

 日本で飼育されているのはここだけ!

 

↑目次へ戻る

 

ツル

 

f:id:zoonimal:20210115114234j:plain

 

 明らかに来た道を間違えたとしか思えないような道を渡ります。

 カラスが多くてめちゃくちゃ怖かった……。

 

f:id:zoonimal:20210115114253j:plain

 

 10分程度歩いてやっとたどり着きました。

 ここにもカラスがいて怖い。

 

f:id:zoonimal:20210115112655j:plain

 

 タンチョウです。

 いち早くこの道を通り過ぎたくてブレまくっているのがバレバレだ笑

 

f:id:zoonimal:20210115112649j:plain

 

 ホオカザリヅル。 

 文字通り、頬からただれたような飾りがあるのが特徴的です。

 

↑目次へ戻る

 

ミナミジサイチョウ

 

f:id:zoonimal:20210115113505j:plain

 

 鼻と鳥の丘エリアではミナミジサイチョウが見られます。

 

 他にもクジャクなど色々な鳥がいるのですが、日差しの関係や鳥インフルエンザ対策の影響で冒頭のシラコバトとミナミジサイチョウしか撮れませんでした……。

 

f:id:zoonimal:20210115112129j:plain

 

 真っ赤な顔と喉仏がインパクト抜群です。

 

f:id:zoonimal:20210115112123j:plain

 

 この大きさの鳥が複数飼いされていてなかなか迫力があります。

 

f:id:zoonimal:20210115112112j:plain

 

 首が埋まった姿が可愛すぎる……!

 

↑目次へ戻る

 

ワオキツネザル

 

f:id:zoonimal:20210115114312j:plain

 

 自由に飛び交うワオキツネザルを檻もガラスもない見晴らしの良い展示場から見ることができます。

 

f:id:zoonimal:20210115112659j:plain

 

 みんなでヒーターの前に集まって暖を取っています。

 寒さに弱い動物が仲間同士で温め合う姿を見られるのが冬の動物園ならではの魅力です。

 

f:id:zoonimal:20210115112705j:plain

 

 落ち葉を拾って食すようです。

 

f:id:zoonimal:20210115112712j:plain

 

 ぐわっ!

 

 鋭いキバを見せて食らいつく姿は迫力満点です。食べてるの落ち葉だけど。

 

f:id:zoonimal:20210115112717j:plain

 

 バリバリと美味しそうに食べます。

 落ち葉なんて栄養あるのかなって思ってしまいますが、草食性のある動物は美味しそうに食べていることが多いです。 

 

↑目次へ戻る

 

まとめ

 

f:id:zoonimal:20210115120845j:plain

竹林がとても綺麗でした

 

 以上、埼玉県こども動物自然公園の現地レポート、西園の紹介でした!

 

 たくさんの写真を撮ることができましたが、ヤブイヌやマヌルネコなどを見ることができなかったのが残念。でも、見られなかったからこそ次また行きたくなる……!

 ecoハウチューも閉鎖されていたので、いつかまた必ずいきたいと思います!

 

f:id:zoonimal:20210115112338j:plain

目玉動物、クオッカワラビーは東園に!

 

 後編では東園の様子をお届します。

 東園もコアラやクオッカワラビーなどの珍しい動物や自然の再現度があまりにも高すぎるシカとカモシカの谷、そしてこの時期恒例のカピバラ温泉などなど!

 見どころっぷりです!

 

 後編もお楽しみに!

 

 

オススメ記事はこちら!

 

zoo-enjoy.com

 

zoo-enjoy.com

 

↑目次へ戻る

↑トップへ戻る