大人だって動物園!

大好きな動物園や動物のお話をしております。

【過去レポ#4】人波のオアシス、天王寺動物園現地レポート(2019/12/7)

f:id:zoonimal:20210316143857j:plain

 

 こんにちは。

 

  今回は、2019年12月7日に行ってきた天王寺動物園の現地レポートになります。

 

 なんとビックリ、前回の旭山動物園からわずか10日ほどしか経っておりません!

 

zoo-enjoy.com

 

 北海道旅行が決まった直後に別の人から関西旅行に誘わたことにより実現した、旭川から天王寺へと大移動。

 

 インドアの私からしたらかなりへろへろだったのですが、バッチリ楽しんできました!

 

 充実した動物園巡りのレポートをぜひお楽しみください!

 

f:id:zoonimal:20210302022202j:plain

 

 

 

 

チュウゴクオオカミ

  

f:id:zoonimal:20210302021900j:plain

 

 チュウゴクオオカミは日本では天王寺動物園のみで展示されている珍しい種です。

 

 インターネットで調べてみても情報が少なく、謎が多い動物ですね。

 

f:id:zoonimal:20210302021810j:plain

 

 大あくび。

 

f:id:zoonimal:20210302021743j:plain

 

 麗しの目つき。

 

f:id:zoonimal:20210302014910j:plain

 

 近くで見るとなかなか愛嬌がありますね。

 

↑目次へ戻る

 

ライオン

 

f:id:zoonimal:20210302015054j:plain

 

 ネコ科では珍しく群れをつくる動物。

 

 ここでも雌雄混合で展示されておりました。

 

f:id:zoonimal:20210302023303j:plain

 

 だら~っとするオス。

 

f:id:zoonimal:20210302023320j:plain

 

 見張り?をするメス。

 

 天王寺動物園は溝を隔てて草食動物と肉食動物がお互い見つめ合える刺激的な展示構造になっています。

 

 つまり、あのメスの視線の先には、シマウマたちが暮らしているんです。わおわお。

 

↑目次へ戻る

 

ジャガー

 

f:id:zoonimal:20210302021604j:plain

 

 ジャガーは南米最大のネコ科であり最強の肉食獣です。

 

f:id:zoonimal:20210302014936j:plain

 

 私の一番好きなネコ科がジャガーなのですが、好きになったきっかけがこの天王寺動物園で展示されているロンくんでした。

 

 何と言っても顔が良い。

 

f:id:zoonimal:20210302021628j:plain

 

 真っ直ぐな瞳に吸い込まれてしまいそうです。

 

↑目次へ戻る

 

ムフロン

 

f:id:zoonimal:20210302023357j:plain

 

 ムフロンは家畜のヒツジの原種と言われています。

 

 家畜化されたヒツジの毛は人間が刈り取らなければ伸び続けますが、ムフロンは換毛で生え変わるので、昔の人は換毛で抜けたムフロンの毛を利用していたみたいです。

 

f:id:zoonimal:20210302023339j:plain

 

 高いところが好きなムフロンに適した作りになっています。

 

f:id:zoonimal:20210302021953j:plain

 

 雑居ビルとムフロン。

 

 動物園にいると2つの異世界が混ざったような、不思議な感覚がします。

 

f:id:zoonimal:20210302015001j:plain

 

 高いところに登ってどんな景色を見ているのかな。

 

↑目次へ戻る

 

オオヅル

  

f:id:zoonimal:20210302015615j:plain

 

 大型鳥類であるツルの中でも最大種のオオヅル。

 

 何やらドジョウのようなものを取り合っていました。

 

f:id:zoonimal:20210302015640j:plain

 

 お互い譲る気はないようです。

 

f:id:zoonimal:20210302015703j:plain

 

 勝者、左ツル。

 

f:id:zoonimal:20210302015550j:plain

 

 勝ち取った後のドジョウはさぞ美味しかったことでしょう。

 

↑目次へ戻る

 

ブチハイエナ

 

f:id:zoonimal:20210302023415j:plain

 

 あら、横になってぐっすり。

 

f:id:zoonimal:20210302023451j:plain

 

 とろんとした表情が非常に愛らしいですね。

 

↑目次へ戻る

 

キリン

 

f:id:zoonimal:20210302235142j:plain

 

 天王寺動物園はキリンなどの動物とあべのハルカスを同じ画角に収められる素敵な写真が撮れる!

 

 ……ということに帰宅後に気付いた私は全力でキリンだけを収めていました。

 

f:id:zoonimal:20210302022045j:plain

 

 眉毛のような模様のおかげでキリっとしています。

 

f:id:zoonimal:20210302022138j:plain

 

 これは確か、キリンの解説タイムだったと思います。

 

 青く長い舌を使って箱の中のニンジンを巻き取っていました。

 

↑目次へ戻る

 

カバ

 

f:id:zoonimal:20210302015729j:plain

 

 お口あんぐり。

 

 皮膚もぶよぶよで防御力高そうです。

 

f:id:zoonimal:20210302015817j:plain

 

 水面でゆったり。

 

 カバの展示場には魚もたくさん暮らしているので、展示場そのものもたいへん見ごたえがありますよ。

 

↑目次へ戻る

 

ホッキョクグマ

 

f:id:zoonimal:20210302020651j:plain

 

 天王寺動物園ではオスのゴーゴとメスのイッちゃんが暮らしています(ゴーゴは2021年3月8日によこはま動物園ズーラシアに出園しました)

 

 この子がどちらかは……わかりません!笑

 

f:id:zoonimal:20210302020717j:plain

 

 展示場付近の看板にどの子が展示されているか書かれていることもあるのですが、見落としがちな私(無能)

 

 動物の個体を見分けるのは私にとって最難関の壁です。

 

f:id:zoonimal:20210302020533j:plain

 

 そんなホッキョクグマはタイヤ飛ばしに励んでいました。

 

f:id:zoonimal:20210302020600j:plain

 

 あ、そーれ! 

 

f:id:zoonimal:20210302020626j:plain

 

 飛距離短い。

 

 豪快な飛ばしっぷりは画角に収められませんでした(無能)

 

f:id:zoonimal:20210302023151j:plain

 

 楽しい?

 

↑目次へ戻る

 

その他の動物

 

f:id:zoonimal:20210302014844j:plain

レッサーパンダ

 

f:id:zoonimal:20210302015323j:plain

オシドリ

 

f:id:zoonimal:20210302015502j:plain

ナベヅル

 

f:id:zoonimal:20210302021154j:plain

ゴイサギ

 

f:id:zoonimal:20210302021034j:plain

ゴイサギ(幼鳥)

 

f:id:zoonimal:20210302021220j:plain

ニホンジカ

 

f:id:zoonimal:20210302021424j:plain

ケープハイラックス

 

f:id:zoonimal:20210302021246j:plain

クロサイ

 

f:id:zoonimal:20210302015930j:plain

インドホシガメ

 

f:id:zoonimal:20210302020035j:plain

フトアゴヒゲトカゲ

 

f:id:zoonimal:20210302020147j:plain

レッドテグー

 

f:id:zoonimal:20210302020211j:plain

アオホソオオトカゲ

 

f:id:zoonimal:20210302020235j:plain

ミズオオトカゲ

 

f:id:zoonimal:20210302020349j:plain

カリフォルニアアシカ

 

f:id:zoonimal:20210302020917j:plain

マレーグマ

 

f:id:zoonimal:20210302021009j:plain

ツキノワグマ

 

↑目次へ戻る

 

まとめ

 

f:id:zoonimal:20210302020817j:plain

水も滴る良いホッキョクグマ

 

 以上、天王寺動物園の現地レポートでした!

 

 観光客でごった返していた新世界とは裏腹に動物園は穏やかで、人混みが苦手である私にとって穏やかな時間を過ごせました。

 

 私にとってサプライズだったのが、希少種のキーウィを見られたことです!

 

 夜行性舎に展示されていたので暗すぎて写真に収めることはできませんでしたが、初めて動いている姿を見られて嬉しかったですね。

 サプライズというか、情報収集不足なだけでしたが……笑

 日本で飼育されているのが天王寺動物園だけということを後から知ったので、もし次行く機会があればまたじっくり観察したいと思います!

 

 今は国内外問わず人手が減っていますから、動物園のみならず街中全体が違う姿をしているのだと思います。

 また軽率に旅行できる日が来ることを願って、私も頑張っていきたいと思います!

 

 では、今回はここまでになります。

 最後まで読んでくださりありがとうございました!

 

 

オススメ記事

 

 

zoo-enjoy.com

 

zoo-enjoy.com

  

 

↑目次へ戻る

↑トップへ戻る